All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'09.21 (Fri)

南アフリカ旅行記 出発前② ~何かの暗示のごとく~

 出発5日前に、突如として出た会社からの海外渡航禁止令。
 外務省HPで危険情報がでている国に渡航してはならないとかいまさらいわれても!
 さらにいえば、いまさら往復23万の航空券がキャンセルできるかぁぁ!
 いや、できるわけがない!!(反語)。

 ちなみに、毎回長期休暇前に同じような通達がでているらしいのですが、海外旅行に行く予定がいままでなかったので、その通達内容を毎回みていなかったのでした…。

 と、そんなこんなで夜9時に本社へ速攻電話をします。
 幸い、総務部に誰かいたらしい。
 南アフリカにいく予定で、もう航空券もとってしまったといったところ、まさか本当に危険情報の出ている国へ行く人がいるとは思っていなかったらしく、かなり戸惑い気味。南アフリカのどこにいくのか、どんな予定なのかとか色々聞かれます。
 危険な大都市ではなく、田舎の方にいくのだと説明。
 向こうも、同時進行でインターネット検索をかけて調べているらしいのですが、想定外の事態らしく、めちゃくちゃ歯切れが悪い。
 結局のところ、もう航空券もとってしまったことだし、危険なところに行くということではないのなら…ということで一応許可をもらえました。
 OKがでたという報告をしに、上司へ電話をかけます。

上司 「どうだった?」
私  「あ、OKもらえました。大丈夫です」
上司 「え、もらえたの(´・ω・`)」

 なんで、そんなにものすごくがっかりした声なんですか…。

 さて、そんな騒ぎの翌日。今度は、一通のメールが届きます。
 
メールタイトル:「宿泊について」

 今回の旅行は一人ではありません。
 というか、世界でもっとも犯罪率の高い国の一つである南アフリカは、個人旅行はかなり危険です。海外旅行初心者にはまず無理!
 たまたま、よく南アに行く顔見知りの日本人ご夫婦がいらっしゃって、今回、旅行に同行させてもらえることになりました。奥様の方は、一足先に南アフリカへ。私は、旦那さんと一緒に、遅れて出発という形です。
 で、一足先に南アフリカについている奥様からメールでした。
 開いてみると…。

 「ダブルブッキングで、宿がとれていませんでした」

 なにぃぃ!!Σ(゜д゜|||)

 南アフリカは4月末がホリデイです。つまり連休。
 で、滞在予定場所は国立公園の近くにある、いわゆる保養地。
 音楽祭がその連休にあわせて行われます。
 だから、この時期に宿泊場所を確保するのは大変なのだと前に聞いていました。
 保養地といっても日本みたいに観光地として町があるわけじゃないです。
 そもそもそこの保養地にはホテルがなくて、テントでキャンプとか、もしくはコテージ宿泊といったタイプ。
 コテージ数もさほど多くないのです。
 それがとれてないって、どうすればいいんですか!テントなんて無理だし!
 出発直前に、立て続けに問題が起こってちょっとドキドキ。
 結局その後、なんとか一つだけコテージを確保できたとのこと。
 で、二部屋あるコテージなので、一緒でもいいでしょうか、聞かれます。
 もちろん、いいにきまってるじゃないですか!(*´Д`*)
 泊まれればOKですよ!ノープロブレム!
 同じ部屋だってかまいませんとも!

 そんなわけで、旅行直前はバタバタしていたわけです。
 しかし、まさかこの後もトラブル続出とは思いもしませんでした…。
 そんなこんなで、次回から旅行本番です。
スポンサーサイト
12:00  |  南アフリカ旅行  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

俺なら怖くて行けないよー(´;ω;`)
無事に戻ってきてよかったよー。
レオ | 2012年10月20日(土) 13:44 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://echigoyablog.blog77.fc2.com/tb.php/176-9c9bb214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。