All archives    Admin

02月≪ 2012年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'03.26 (Mon)

天井にひそむ猫

去勢後のお話。

去年の暮れから、雪舟のことでちょっと気になることがありました。
唇のところが、妙にピンク。
はれているような、いないような。
去勢手術のときにお医者さんにきいてみたら、
免疫が弱いのかもしれないですねー、といわれてました。
本人は痛がる様子はないので、ちょっと様子見ということに。

で、手術からちょっとたってからみてみると、
今度はかさぶたのようなものができています。
それが、こちら。
(ちょっと気持ち悪いかもしれないので注意)















DSC_0225.jpg
矢印の先の黄色いのがかさぶた。

なんじゃこりゃーーーー∑( ̄ロ ̄|||)

と思って、お医者さんにつれていきました。
そうしたら、

「あー、これはコウサンセイほにゃららかな」

ん?聞き取れません。もっかいお願いします。

「好酸球性肉芽腫」

その後、先生は写真つきの本をもってきてみせてくれました。
よくわかりませんが、免疫が弱いとかなんとか?

せ、せんせい!なにが原因ですか?

「原因はわかってません」

え、えええーーーーーー!!(T△T)

まあ、その後、一応薬でよくなっていくということはききました。
ただ問題は、直後に引越だったものですから、
このお医者さんにはもうこれないということだったのです。
通常は、一回薬をあげて、様子を見て継続ということだったのですが、
そんなこんなな事情で2週間きくという注射をぶっすりとやってもらいました。

2,3日すると、炎症だったピンク色の部分は色がひき、
かさぶたも1週間ほどでなくなり、
今はきれいな口元になっています。
ふう、薬がきいてよかった!(;´-`)

また症状がでたら、お医者さんにいってみたいと思います。

そして、実家での雪舟ですが、
最初の日はう●ちがでなかったくらいで、
いまはすっかりくつろいでいます。
子猫のときにもいたからね。

私の部屋は天井にはりというか柱がでているんですが、
ふと上を見上げるとそこでくつろいでいたりします。
高いところすきなのね・・・

DSC_0229.jpg

見ているほうとしては、おちやしないかヒヤヒヤします(;´-`)
スポンサーサイト
18:02  |  ネコ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。